アニメ関連ドキュメント

深読み読書会 進撃の巨人 動画 配信無料視聴7月3日を見忘れた場合対処方法

深読み読書会 進撃の巨人 動画 配信無料視聴7月3日を見忘れた場合対処方法についての記事になります

 

 

2019年7月3日22時からBSプレミアムで『シリーズ 深読み読書会』放送されますが、見逃したり、そもそも、放送がbs環境にないって場合で見れないって方もいいと思います。

このアニメのドキュメンタリードラマ『シリーズ 深読み読書会』ですが、下記のリンクにて

このアニメ『魔王様リトライ』ですが、下記のリンクにて

でフルに無料視聴が可能です。

本記事では、その他無料動画視聴を楽しむ際のみどころや視聴者のネタバレ感想その他キャストや、7月3日放送の番組内容を紹介します。
魔王様リトライのアニメが、公式動画でないアニポ、anitube、kissanime、b9その他

【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シリーズ 深読み読書会見逃し配信再放送が無料視聴
 

シリーズ 深読み読書会 動画7月3日放送日の番組内容紹介

 

「壁」の内側で暮らす人類が、人を捕食する「巨人」相手に絶望的な戦いを強いられる…。ダークな世界観、謎が謎を呼ぶストーリーが社会現象を巻き起こした漫画「進撃の巨人」。「巨人」とは何なのか?「壁」とそれを取り巻く「世界」の構造とは?主人公たちは何のために、何と戦っているのか?「暴力」のいっぽう「性」が描かれないのはなぜ?神話や歴史、文化人類学まで、あらゆる手段を駆使し、魅力と謎をとことん深読み。

 

シリーズ 深読み読書会 7月3日動画配信キャスト

 

出演
新井英樹,高橋源一郎,鹿島茂,
司会
鈴木杏,
語り
松尾剛
その他

 

深読み読書会進撃の巨人 動画視聴者の意見

 

今まで「深読み読書会」は夏目漱石や太宰治など、文学史の教科書に載っているような文豪の小説作品が取り上げられてきたイメージなので、漫画、しかも『進撃の巨人』とはNHKさん思い切ったなぁ!というイメージです。

『進撃の巨人』の最終回がどうなるかについては、インターネットを少し検索しただけでも読者の方が書いた考察記事がたくさん出てくるので、ついつい読みふけってしまいますが、今回この番組であらゆる文学作品に精通しているプロの考察を聞けるのは本当に楽しみです!

今までの最終回予想に、新たな視座が加わるのではないでしょうか……。

『進撃の巨人』ファンは必見だと思います

また、私の周りには、だんだん話が難しくなってついていけなくなったので途中で読むのをやめてしまったという人がたくさんいます。

今回番組では、神話や文化人類学を使って作品を解説してくださるとのことなので、そういう人たちにとってもまた読み始めるきっかけになるのではないかと思います!

私も友達にこの番組を勧めてみようと思います。個人的には、やっぱりリヴァイ兵長が大好きなので、番組でリヴァイ兵長がたくさん取り上げられることを期待してしまいます。また、ファンの間ではバッドエンド説が有力だと言われていますが、少しでも救われる展開予想が聞けたらいいなと思います!

深読み読書会進撃の巨人 動画視聴者の感想

登場人物や世界観が良く練られた作品は、ファンの間でも考察や議論が活発になります。

「進撃の巨人」も巨人の謎や勢力の対立構造など、色々と考察しがいのある作品です。

この作品はストーリー展開のテンポも良くて、無駄なエピソードがほとんどないのが大きな魅力だと思っています。

作家さんや学者さんがこの作品について考察するからには、視聴者が考え付かないような専門的な視点での解説を期待しています。

戦闘の描写も単純な力のぶつかり合いではなく戦術面もきちんと構成されているので、そのあたりの解説もあればいいなあと思います。

この作品の集団での戦闘描写は本当によくできています。また人物や衣装、舞台などのモデルやモチーフの話も聞きたいです。

「巨人」というものが何を象徴しているのかといったことに興味がわきます。結末も予想するそうですが、この作品はどうやって終わりを迎えるのか全く想像ができません。ありきたりなエンディングでは読者もがっかりするでしょうし、作者もその辺はきっちり詰めてくるとは思ってはいるのですが。

「敵の巨人を倒してハッピーエンド」といった類の作品ではないですし、何をもって終わりとするのか不思議です。出演者の方々の話が楽しみです。

深読み読書会進撃の巨人 7月3日の動画視聴者が推すみどころ

謎が多い進撃の巨人ですが、人類が生き延びるために行った攻略法にも思いました。

巨人と人類の間には、大きな壁が存在しています。境界線でもあり、防護柵の役目をしている人類は巨人に怯えながら生きています。

壁が破られた時、人類は戦う姿勢を見せますが、無謀に近い挑戦です。

巨人は、人類を捕食にするので共食いに思いますが、人類が再生できるのかと思いました。

大きさがここまで異なると、環境の変化だけではありません。恐怖が体を大きくさせて、怖さからうち勝てるのに進化させた気がしました。

どうやって生き延びるのかは、お互いに試行錯誤してるはずです。

人類は武器を使い、巨人を倒す方法で、巨人はパワーで破壊することです。同じ人間なのですが、敵同士になってしまうのは、感情をもっているからです。

巨人が街に現れた時、人類はこの世の終わりと思うのか?

最後まで戦う姿勢を見せるのかは謎です。巨大化してしまったのは、自分のせいではありません。人類が消滅したら、人間として新しい生命体で復活するのは不可能です。

人間が誕生したこと事態が、奇跡に近いのでまた人間として生き返ることはできません。巨人と人類の戦争は、残酷な結果になりそうな予感がします。
 

深読み読書会進撃の巨人 動画視聴者のちょっとしたネタバレ

進撃の巨人はアニメシリーズを全て見ているほど、好きな作品の一つです。

始めのころは巨人が人を食べるなど目を背けたくなるシーンばかりでしたが、回を追うごとに巨人とは何か?どうやって始まったことなのかという謎が少しづつ解明されてきました。

そこへこの深読み読書会という番組を見られるなんてうれしいですね。

もちろんアニメを見ていてもよくわからない時があるのでネットで考察を調べたりすることがあるんですが、TVで考察してくれるのはいいですね。

より理解を深められそうです。

アニメの最新話では壁の向こう側のどこかに海や飛行船が飛ぶ世界などがあって、やはり世界は広かったんだ!ということが分かりました。

でも一体、その他の世界はどんな感じなのかはいまだ謎です。時代もいつの時代なのかよくわかりませんね。

番組内容にもかかれている通り、巨人は暴力シーンはあれど性については触れられていませんね。

人を食べていく野蛮な生き物なんだ!とあまり疑問にも思わなかったところですが、この番組だと掘り下げてくれそうなので楽しみです

。知性があってお話も出来る巨人がいるので、その辺もなぜなのか知りたいところです。

1時間番組なので見応えがたっぷりありそうで楽しみです

深読み読書会進撃の巨人 動画違法サイトで見る危険性

『違法アップロード者が一番悪い』というのは当然の前提として。

正直なところ、そのような動画に収入を発生させることができてしまう、現在の動画サイトの体制には問題があるかと思います。

私自身、動画サイトで収入を得た経験がないため、知った口を叩けるわけではないのですが、お金を払って自社の製品などを宣伝するのであれば、その動画自体の良し悪しも確かめてから広告を出す態勢を整えるべきだと私は愚考しました。テレビなどであれば、番組の内容の精査や適性を判断したうえで広告を出しているはずなのに、ネット動画では無法に自社の広告をばらまく。

正直なところ、『インターネット=アンダーグラウンドな場』という古い価値観で凝り固まったうえで、『でもどうせ使えるなら使っておくべ』といったような、言い方は悪いですが底の浅さ、拝金主義的な思考が見え隠れしているような気がして、動画広告はどうにも好きになれません。

繰り返しになりますが、違法アップロードを行っている者が一番悪いのは前提として、しかしそれに収入を与えることでそれを助長している企業や、イタチごっこになるのが目に見えている動画はともかく、違法動画に収益を上げさせる企業に対して規制を施せないサイト側に関しても、根深い問題が存在すると考えます。

まとめ

進撃の巨人を知らないかたでも楽しめる理由についてですが

進撃の巨神って、兵っぽく見えるけれど、でも敵なら、敵があんなに前面に出て来る広告ばかりというのも解せないです。

普通はもう少し善玉(主人公)側が出て来るのではないだろうか。という疑問がありつつ、しかしその疑問を解消するためにテレビを見たりマンガを読んだりするほどの興味は……ないんですよね。

そういう場合、この「深読み読書会シリーズ」はいい機会なのではないだろうか。浅読みも完了してない時点で深読みから入るというのは、順番的には間違っているだろうが、そもそも今後浅読みをするかというと、多分しません。

この番組は時々見てますが、視聴者側が一応その話を知っていること前提にした作りだというものの、一応全然知らない視聴者もついてこられるように、ある程度あらすじはたどってくれるので1時間の番組であらすじをつかむのはいいかも。

出演者の中では、鹿島茂が何を言うのかにちょっと興味があるので、見ごたえのある番組になります。

 

最後になりますが

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シリーズ 深読み読書会/見逃し配信再放送