アニメ関連ドキュメント

深読み読書会 進撃の巨人 見逃し配信/再放送/7月3日NHK BSを見れない方

深読み読書会 進撃の巨人 見逃し配信再放送7月3日NHK bs見れない方への記事になります

 

 

2019年7月3日22時からNHKのBSプレミアムで『シリーズ 深読み読書会』放送されますが、見逃したり、そもそも、放送がbs環境にないって場合で見れないって方もいいと思います。

このアニメのドキュメンタリードラマ『シリーズ 深読み読書会』ですが、下記のリンクにて

見逃し配信を全国どこにいても見ることが可能なサイト紹介です。

本記事では、そもそもアニメ『深読み読書会 進撃の巨人』って見逃し配信で見るほど面白いのかを検証します

第三者にアンケート(作品の面白さに公平を期すために)しました。

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シリーズ 深読み読書会見逃し配信再放送が無料視聴

シリーズ 深読み読書会 見逃し配信再放送

 

「壁」の内側で暮らす人類が、人を捕食する「巨人」相手に絶望的な戦いを強いられる…。ダークな世界観、謎が謎を呼ぶストーリーが社会現象を巻き起こした漫画「進撃の巨人」。「巨人」とは何なのか?「壁」とそれを取り巻く「世界」の構造とは?主人公たちは何のために、何と戦っているのか?「暴力」のいっぽう「性」が描かれないのはなぜ?神話や歴史、文化人類学まで、あらゆる手段を駆使し、魅力と謎をとことん深読み。

 

シリーズ 深読み読書会 7月3日放送見逃し配信キャスト

 

出演
新井英樹,高橋源一郎,鹿島茂,
司会
鈴木杏,
語り
松尾剛
その他

 

深読み読書(再放送)会進撃の巨人

7月14日(日)[BSプレミアム]前1:15※ 土曜深夜

注意:BSの環境と料金が必要になります

深読み読書会進撃の巨人 見逃し配信再放送視聴者の意見

 

深読み読書会進撃の巨人 見逃し配信再放送視聴者の感想

進撃の巨人〜人類再生の物語は、文化人ゲストが様々な視点から進撃の巨人をコンセプトに討論する番組かと思います。

読書会の役割もあり、本の魅力も伝えてもらえる番組かと期待しています。

出演者も、和洋問わず文化に関する研究を重ねている方たちです。

知識だけでなく、ユニークな一面が見れるか否かも見所となるでしょう。

特に、高橋源一郎さんはNHKラジオのすっぴんにて、読書や文学についてのコーナーを持っています。

掘り下げて語ること意以外にも、ユニークを交えている印象です。

すっぴんでの雰囲気そのままに語りをされると、視聴者も引き込まれやすくなるでしょう。

司会の鈴木杏さんは、ラジオパーソナリティなどでレギュラー経験がある方です。

長年芸能界で活躍していて、女優業以外にも大人女性としての一面があります。

知識やトークスキルも相応に高いため、中高年だけでなく若い世代からの支持も高いでしょう。

人類再生の観点にて、未来のこととか過去の生活などを伝える場面が出てくると思います。

進撃の巨人のアニメは、昔の生活が確認できるところもあります。

特に、過去の人類の振る舞いを掘り下げて討論してもらうことで、文学や歴史も学べることを期待できます。

深読み読書会進撃の巨人 見逃し配信再放送視聴者が推すみどころ

原作ファンのものです。原作ファンにとって、とても興味深い番組だと思います。

是非視聴したいと思っております。

特に興味を引かれたのが4人の文学探偵による『結末予想』です。原作を読んでいる人には分かると思いますが毎号展開が読めません。

読んでみて納得するというかこういう事だったのかという驚きの連続です。

私なりに次号の展開を予想してみる時もありますがまったく違い予想は止めました。直近の予想すら裏切られるのに結末などまったく想像できません。想像したことはもちろんありますが想像出来ませんでした。

そのぐらい奥が深い漫画です。その奥の深い漫画をこの4名の方がそれぞれどのように読み結末を予想されるのかがとても気になります。それからこの副題の「人類再生の物語」というのは『進撃の巨人』を読み解くヒントでしょうか?漫画に副題はありませんよね?

この副題が『進撃の巨人』のイメージにとても合っていて結末のヒントではないかと気になります。

それから番組内容の記事に『「性」が描かれていない』とあります。確かに若い男女がたくさん出てくる物語なのに恋愛描写が薄いです。

皆無といっても良いかもしれません。この番組紹介の1ページのホームページにたくさん気づかされた事がありました。とても内容が濃い番組そうです。

進撃ファンにとってはあっという間の一時間になりそうです。本当に楽しみです。

深読み読書会進撃の巨人 見逃し配信再放送視聴者のちょっとしたネタバレ

シリーズ深読み読書会は、今回取り上げるテーマは「進撃の巨人」になっています。

「進撃の巨人」とは、諫山創さんによる日本の漫画作品で、「別冊少年マガジン」にて連載中になっています。

小説やテレビアニメや実写版日本映画などで展開されています。コミックの単行本の国内発行部数は現在累計8000万部になっており人気作品になっています。

本作のあらすじは、人類は突如出現した「巨人」によって、滅亡の淵に立たされました。その脅威から生き残った人類は、「ウォール・マリア」と「ウォール・ローゼ」と「ウォール・シーナ」の巨大な三重の城壁の内側で生活します。しかしながら人類はただ脅威からおびえるだけではなく、自分たちの世界を守る為に、調査兵団は立体機動装置をして巨人と戦うアクション漫画になっています。登場人物は主人公はエレン・イェーガーで、人気キャラクターはミカサ・アッカーマンとリヴァイです。

シリーズ深読み読書会「進撃の巨人~人類再生の物語」は、漫画「進撃の巨人」を、4人の文学探偵たちが結末などを深読みして、4人の文学探偵たちが独自の視点で物語を予想する番組になっています。

出演メンバーは、新井英樹さんと高橋源一郎さんと鹿島茂さんになっており、司会は鈴木杏さんで、語りを松尾剛さんが担当されています。誰しもが結末を早く知りたい漫画をどのように深読みするのかがとても気になる番組です。

なぜ、巨大化しているのか。なぜ、人を捕食するのか。生き抜くには闘うしかない。

もはや説明不要の本作を知る者の多くが読後に抱く苦い心象です。巨人類と人類による「進撃と迫撃」が繰り返されながらも、お互いが共存するいびつで悲しい世界が創造されたのは何故か。

4人の文学探偵が神の視点から本作を深読みし、互いがその読みを深堀りすることで、本作の魅力と謎に肉迫していく構成が非常に興味深く、各探偵の放談も大変楽しみです。本作については、無機質、無秩序かつ無慈悲に連続していく殺戮・戦闘シーンが描写されることから、問題作として扱われることが多いのも事実です

。しかしながら、「破壊」のイメージが先行し、振り子の力学で言えば反対側の「再生」について、これまで十分に語られてこなかったことも事実です。

「巨人類と人類の処し方」「2者が生きる箱庭の不思議」を通して、本作からの「再生」のメッセージを読み取ることができるのではないか、と思います。漫画の世界とは言え、そこに生きる者は全てリアルです。予定調和などない狂った世界の中だからこそ、真の調和が存在すると思います。

果たして、真の調和とは何か。創造的破壊と呼ぶべきものか、死生観に通じる救済や悟りなのか。進撃の巨人ファンのみならず、これまで進撃の巨人を余り知らなかった人達が“進撃”に大きな関心を持つ、良い機会になると期待しています。

まとめ

 

進撃の巨人は理解され無かったアニメです。ヒーローとダークヒーローで巨人を生み出したのは誰なのかがテーマです。人類の再生には壁は巨人でダークヒーローが必要でした。戦う人間がヒーローにならなくてはいけない時代です。巨大な壁が巨人に勝たない限りヒーローにはなれないので、何と戦っているのかは世界の大きな壁です。

世界観と神話の世界(いろいろありますが力と知恵の協力アダム=イブ)結果は協力しないと生まれませんからシーズン続いています。暴力や性からは何も生まれませんから、使ってしまった人類は憎まれる事が生まれます。

これを受け入れる事で進撃の巨人はラストを迎えると思います。

人類再生の物語で最初から入っていましたが、なかなか受け入れなかった事ですが、最近はそうでもありません理解する事が出来るようになっている人類は、自分達で壁を使ってしまい少しづつ大きくしてしまいましたから、最初は受け入れられなくて当然です。自分達で作った世界ですから仕方ない事ですが、戦っている人達をよく見ると、その世界を使ってない人達です。

あまり深読みしないで下さい。文学者の4人は深読みしてしまいます。ダークヒーローなくしてヒーローはあり得ませんから、結末予想を徹底討論して下さい。

テーマは人類再生に必要な事は何か壁を作ったのは誰かです。

経過を見てみますとヒーローが最終的にはどうなりますかみたいです。自分達で作った世界を受け入れ始めました。ダークヒーローにも悩みはあります。

そういうこともあり進撃の巨人を、四人の文学探偵者が深読みしていく中で、それぞれの視点から、考えて結末の予想を繰り出すところが面白いと思いました。

進撃の巨人から何を見るのか、どのような視点から探り、どの場面を熱く語り合うのかとても楽しみです。

四人の文学探偵者の四人の深読みした先にある意見がぶつかり合うのか共鳴するところがあるのか、彼らが感じとる巨人とはどんなものなのか気になります。

壁の世界でいきる人々が誰と戦っているのか、巨人を相手に戦いを挑む理由はなんなんだろうと、読みといていくなかで謎を解いて、閃いて、どんな展開担っていくのか、私たちが思うっている結末と、文学探偵者が古代歴史から読み取りながら組み込んで解明し駆使していく姿を見るのも楽しみの一つだろうなと思います。

私たちだったら、そんなに難しく考えていかないだろうし、読み取っていく中で、歴史の中まで掘り下げて行く情報量が足りないと思うので、文学探偵者達がどれだけ、知識を出してくるのか、その知識がどのくらいあるのか、文化人類学の奥深くまで、見られる機会なので、新たな発見が出来ると思うし、また違った角度から進撃の巨人を楽しむことが出来ると思うと感心が高まります。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シリーズ 深読み読書会/見逃し配信再放送