ヒューマン

知恵泉 動画 菅原道真/2019年7月16日/オタク男子が無料視聴できるサイト

先人たちの底力 知恵泉2019年7月16日の 動画 菅原道真/オタク男子が無料視聴できるサイト

につてや、みどころ、視聴者意見、みんなのアンケートの記事です

 

2019年7月16日22時からEテレで『先人たちの底力 知恵泉「菅原道真 “オタク男子が自分らしく生きる極意”」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックするとフル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

先人たちの底力 知恵泉 動画 菅原道真/7月16日が無料視聴できるサイト
 

先人たちの底力 知恵泉 動画 菅原道真/7月16日の番組内容

 

職場で生きづらい日々を送る人は多い。それは千年前の平安時代も同じ。今回の主人公は、学問の神様・菅原道真。優秀さゆえ藤原氏から疎まれ、大宰府に左遷され非業の死を遂げた挙句、怨霊に。悲劇の秀才とのイメージが強いが、実は国家崩壊の危機にひんする日本を救った敏腕政治家でもあった。“学問オタク男子”だった彼だからこそ成しえた仕事術とは?言葉に命を込め、混迷の世だからこそ、正論に価値を見出した道真の知恵に迫る

 

先人たちの底力 知恵泉 キャスト

 

小説家/直木賞受賞者…石田衣良,川村エミコ,京都産業大学名誉教授/モラロジー研究…所功,
司会
新井秀和

 

先人たちの底力 知恵泉 菅原道真動画 /7月16日の視聴者の語るみどころ

 

学問の神様で知られる菅原道真は人付き合いが苦手だったのは初めて知りました。勉強はできても人間関係は苦手だったのは、仕方ありません。人付き合いが苦手で会社を辞めてしまう人がいるくらいなので、人間関係は難しいと思います。現代社会では、飲みに誘う人がいますがこういった人は人の迷惑を考えない人です。相手の時間を取ってしまい、無駄な出費も多くなってしまいます。

住宅ローンを抱えている人にとっては、迷惑な存在だと思います。

菅原道真も人間なので悩みはあったと思いますが、自分は自分でいいのではないでしょうか?学問を苦手とする人は、勉強することが相当苦痛だと思います。

遊ぶのが好きで、外で学ぶことが大事なんだと勘違いしています。

オタクにとって人間社会は、苦痛であり一人で居る方が好きだと思います。

オタクと言うと、暗いイメージがありますが、博識を持っている、人付き合いが無いのでお金が貯まるなどいい点があります。

先人たちは、知恵を使いその場をしのいできました。

環境の変化が人を大きく変えてしまいますが、菅原道真も変わったと思います。

本来の自分とはどうなのか?

自分でも分からないのが人間だと思います。歴史に名を残したので、成功だと思います。
 

知恵泉 動画 菅原道真/7月16日/みんなの感想まとめ

 

私は温故知新という言葉が好きなのですが、この番組はそれにピッタリの内容だと思います。現在の人が悩んでいることは、昔の人がすでに体験していることが多い。

例えば今回は、人付き合いが苦手だった菅原道真が登場します。

学問で有名な菅原道真ですが、人付き合いが苦手だったのは意外ですね。

当時の彼はどういう人間だったのか、歴史好きとしてはとても気になります。

優秀な人物だっただけに、嫉妬などもされていたんでしょうね。現代だと学校や職場、家庭でもあるかもしれない。

至る所で人間関係の悩みというのは存在します。人間が生きていく上で、避けては通れない悩み。

それは、時代が変わっても変わりません。

平安時代にも人間関係の悩みはあったでしょう。

菅原道真は、どう対処していたのか。もしかしたら、先人の知恵が現代でも役に立つかもしれません。

この番組を見て何か気づきを得たら、自分流にアレンジするのも良し。私も人間関係に悩むことがあるので、この番組は絶対見たいと思っています。

人に合わせるために、自分を見失う。特に日本人に多いかもしれません。

今回の番組内容は、自分らしく生きる極意がテーマになっています。菅原道真がどう生きたのか。歴史に名を残した人物の知恵を借りましょう。

中国のことわざでは温故知新

中国のことわざでは温故知新。日本で言うところの古きを訪ねて新しきを知る。

いつの時代も困った時にはふと立ち止まって、先人たちの知恵を借りて物事を進めるというのは困った時の王道です。NHKで放送される「先人たちの底力知恵泉」はまさしくこのテーマに沿った番組内容ですね。

偉大な先人たちがどのように困難を乗り越えていったのか、にフォーカスを当てて紹介してくれそうな感じです。次回は菅原道真をピックアップするようですが、個人的にはその先に放送予定の丹下健三さんの回が非常に気になりますね!

東京都庁も彼が手がけた建築物ですが、その美しいデザインは今でも最先端。作り込まれたデザインと機能美はいつ見てもため息が出るほどの美しさです。

それ以外にも日本を代表する建造物を数々と設計した超有名な建築家の彼ですが、きっとそこに到達するまでに大変のことがたくさんあったのでしょう。

建築界のエリートとも言える丹下健三にはどんな苦労があって、それをどのように乗り越えていったのか?大変興味があります。
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

先人たちの底力 知恵泉の動画7月16日放送分が無料