ドラマ

夢食堂の料理人 動画 7月23日ドラマ 無料視聴まとめNHK1964東京オリンピック選手村物語

夢食堂の料理人 NHKドラマ動画 7月23日 や

夢食堂の料理人動画無料動画配信視聴まとめ

1964東京オリンピック選手村物語の記事です

 

2019年7月23日19時30分からNHK総合で『特集ドラマ 夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

夢食堂の料理人 動画 7月23日
 

夢食堂の料理人7月23日 動画/番組内容

 

1964年オリンピック選手村を舞台に、東京五輪を陰で支えた若者たちにスポットをあてたもうひとつのオリンピック物語。選手村食堂には、7000人の選手団のために日本中から300人の料理人が集められた。三郎(高良健吾)も秋田からやってきて、西洋料理のみならず見たこともない各国の料理や選手たちの注文と格闘。トラブルを乗り越えながら、選手たちへの真心こめたおもてなしに挑んでいく。

 

夢食堂の料理人 キャスト

 

高良健吾,松本穂香,宮舘涼太,渋谷謙人,小平大智,迫田孝也,岸井ゆきの,村松利史,黒田大輔,須藤理彩,徳光和夫,市川猿之助,
語り
小堺一機

 

夢食堂の料理人 動画 7月23日みどころ

 

面白そうな所は、選手村の料理が、テーマの所

オリンピックといえばスポーツの他にも各国の選手が、宿泊する選手村の様子も楽しみです。

特に料理は、ニュースなどでも紹介されていて選手達が、嬉しそうに食べている姿が、印象的です。

このドラマでは、東京オリンピックの時に選手村で料理を作っていた人達の奮闘物語なのでどんな料理を提供したのかも注目ポイントです。

世界中から選手が、来るので料理への注文もあり当時の情報から西洋料理などを作るのは、苦労したと思います。

7000人もの選手達の料理を300人で調理するのもすごいと思います。食材の映像だけでも迫力ある物になりそうです。

料理人たちが、奮闘しながらも真のおもてなしに挑戦するのが、面白そうです。

日本では、海外の人達に対するおもてなしの気持ちは、現代でも重要なキーワードですね。

どんな料理やおもてなしをしたら喜ばれるのかを考えながら作る料理は、真心申し訳ございません伝わって喜ばれそうです。

料理人と選手達との交流も楽しみです。開会式の時のメニューや閉会式の時のメニューなどで違いが、あるのかも知りたいです。

開催される東京オリンピックにむけて時期的にも面白そうなドラマだと思います。

 

東京オリンピックまでもうすぐ

前回の東京で開催されたオリンピックは1964年で、このドラマは当時の選手村で奮闘した料理人たちを描くようです。

まずはやはり、調理や盛り付けのシーンが一番の楽しみです。選手村の食堂のために集められた料理人は、なんと300人!これほどの人数だったとは知りませんでした。オリンピックともなると、世界中の色々な料理を作らないといけません。

現在と比べたら他国の料理の情報もずっと少なかったでしょうし、大変な苦労だったと思います。それにスポーツ選手のための料理なので、栄養面でもより気を配ることが求められたと思います。

また300人も料理人たちが集まったとなると、チームワーク面でも調整が大変そうです。大きな会社規模の人数なわけですから、リーダー格の人には料理だけでなくマネジメントの能力も必要だったのだと思います。

そういったところもドラマで描かれているのではないかと思います。

日本の料理は世界でも評価がとても高く、オリンピックのために来日する他国の選手の方々の楽しみの一つとなると思います。

1964年と2020年の2回の東京オリンピックで、料理にどのような変化があるのか比べてみるのも今後の楽しみにできそうです。

サポートする方々

東京オリンピックが開催するにあたって、サポートする方々がもう一つのオリンピックになっていました。選手村では、各国の人達が集まるので食事に対して好き嫌いがあったと思います。避けたいのは、食中毒で古い物は提供できません。

当時は7000人の料理を振る舞うので、料理人たちは過酷な労働だったと思います。

現在でもこの数字は多いので、当時は未知の数だったと思います。

これだけの人たちの料理するのは、気が遠くなる作業ですが、やり遂げていたのが驚きです。

食材を集めるだけでも、たいへんでそこから料理するとなると、人員が必要になります。

なるべく火は通したいので、料理人は熱さとの戦いでした。

食べるのはあっという間に終わってしまいますが、そこから後片付けがたいへんです。

段取りがいくら上手くいってても、量をさばくのは過酷だったはずです。

中には、わがままを言ってくる人もいたはずです。

一人一人の意見を聞いていたのでは、身体が持たなくなってしまい自分が倒れてしまいます。

仕事に必要なのは、何といっても体力です。オリンピック選手はもちろん体力、料理人も腕前よりも体力が重要視されます。

体力を付けるために必要なものは、やはり美味しい食事です。

おもてなし

本作のタイトルからもわかるように、1964年に開催された東京オリンピックでの選手村が舞台のドラマのようです。

そんな表舞台でもある東京オリンピックの中でも特に、陰で支えた若者たちにスポットをあてたもうひとつのオリンピック物語になっています。

もう少しで2020年の東京オリンピックを目前とした今に、ぜひ見ておきたいドラマになっているのではないでしょうか。

本作のドラマのテーマは「おもてなし」になっており。ドラマではおもてなしの原点を描いたドラマ内容になっているのではないかと思います。

本作のドラマの出演者も実力派ばかりの俳優さんになっており、高良健吾さんや松本穂香さんや宮舘涼太さんなどの出演になっています。

主演である高良健吾さんは、2005年に放送されたドラマ「ごくせん第2シリーズ」にて俳優デビューを果たして以降数々のドラマや映画に出演されています。

テレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」での主演の演技はとても良かったですし、心の変化も見ていてわかりやすかったので、今回のドラマも期待できるのではないでしょうか。

三郎(高良健吾)

こちらのドラマは、1964年オリンピック選手村を舞台にし、東京五輪を陰で支えた若者たちのオリンピック物語をドラマ化した作品になっております。そして、外国人モデルが出演するのも見どころではないでしょうか。

もう少しで東京オリンピック2020の大会まで、あと1年になりました。そんなオリンピックをこれから盛り上げる為にもカウントダウンを迎えるにふさわしい、感動の青春ドラマになっています。

本作は、1964年東京オリンピックの選手村を舞台にして、あまり今まで描かれることのなかった、東京五輪を陰で支えた若者たちにスポットをあてており、選手村食堂には、当時は役7000人の選手団のために日本中から300人の料理人が集められていたのです。

ドラマの物語は、選手村に三郎(高良健吾)も秋田からきて、西洋料理などの各国の料理や外国から来た選手たちとの様々な出来事に奮闘する日々を描いたドラマになっているようです。本作の見どころはやはり日本のおもてなしの原点を描いているところではないでしょうか。

おもてなしと言えば日本であり、それは今も昔も変わりません。来年のオリンピックに向けてドラマの中において私たち日本人も再認識できるのではないかと思います。

グルメ系

東京オリンピックを控えた今、そして自分の大好きなグルメ系ということで非常に期待しています。普段なかなか食べることが出来ないものってとにかく美味しそうに見えませんか?大人になったら食べられなくなってしまった給食、社員にならないと食べられない社食はもちろん刑務所の食事などなど。

今回は東京五輪の時のお話ということで、その時代に戻ってオリンピック選手になってその食事をするということは出来ません。しかし、出来ないからこそ美味しそうで気になってしまうんですよね、オリンピックとなると、各国から選手がやってきます。すると、必ず食事の問題が出てきてしまいますよね。普段通りの食事を食べてコンディションを整えたいと考えるのは当然のことですが、普段その料理を食べ慣れていない人間にとっては非常に大変です。

単純な料理の技術だけの問題ではなく味の好みや伝統などさまざまなことを考えなければなりません。

そんな中で若い料理人が奮闘し、さまざまなことを乗り越えていく。本当に色々な要素がありますよね。

キャストが若いので青春も感じさせてくれるのではないかと思います。なんと言っても、どんな各国の料理が登場するのかとても楽しみですね。

まとめ

1964年に行われたオリンピック村の若い料理人達が、オリンピック村で聞いたことがない料理を注文されて、選手達皆に美味しい料理を提供するために、日本人の真心を込めたおもてなし料理をコンセプトにオリンピックのもう1つの物語があったところが面白そうだなと思いました。

作ったことがない聞いたことがない使ったことがないメニューをどうやって味や見た目を再現出来ることが出来たのか、その料理を満足がいくものに仕上げることが出来たのか、外国人の口に合うものが作れたのか、料理を通して、オリンピックの裏方の苦労が見られるところが面白そうです。

沢山の試行錯誤をしながら、失敗を恐れず、美味しいものを作って満足がいくお料理を提供できることは、日本人が生み出す人当たりのよさからも出ていると思います。満足いくものなんて作るのが大変だし、わがままを言われても作れないものがあると思うし、みんなで力を会わせることで、美味しい1つの料理に繋がることや諦めない精神や美味しいというその一言のために、苦労を苦労と思わないところが良いところだなと思います。

今、最も注目される話題のひとつに「東京オリンピック」と答える方も多いでしょう。

NHKスペシャルドラマ「夢食堂の料理人~1964年東京オリンピック選手村物語~」は今から50年以上前に開催された東京オリンピックで起こった実話が元になっています。華々しく活躍した出場選手を支えたのが、日本が誇る選手村でした。

この五輪のために世界各地の国々から訪れた選手たちの数はおおよそ7000名以上と言われています。当時の経済状況の中で信用も経験もない日本でしたが、選手村に料理人として集められた日本人の数はたったの300名ほど。

そんな、競技という表舞台の裏側で選手たちの胃袋を支えたまさに舞台裏で起こった熱いドラマを描いた内容とのことで面白くなりそうな予感です。おそらく、見たことも聞いたこともない国の料理を見よう真似ようで苦労しながら作った料理人たちの苦労は想像をはるかに超えるものだったと思います。また、このドラマのキャストにも注目です。

いかにも熱血漢なイメージの高良健吾さんは昭和の雰囲気や空気感を纏った佇まいが正に似合いそう。若手俳優さんでは松本穂香さんが登場。彼女は実はロックバンド「キュウソネコカミ」のファンという今どきの若者。そして、ジャニーズからは宮舘涼太さんも参戦。そんな中、私が最も注目するのは岸井ゆきのさんです。

若手女優の中でも抜きんでた表現力と独特の芯の強さを感じる彼女がストーリーにどのような彩りを添えるかが楽しみです。温故知新とはいいますが、このドラマを見て次のオリンピックに臨めば、より感動が深くなることでしょう。
 
964年東京オリンピック選手村食堂に集められた300人のの若い料理人たちが、今までに会ったことのない各国の料理と格闘しながらも、選手たちへの真心をこめたおもてなしに挑戦していく物語になっているドラマになっています。

本作のドラマの脚本は鈴木聡さんが担当しており、鈴木聡さんと言えば連続テレビ小説「あすか」や「瞳」などのNHK関連のドラマを制作していることでも有名な方になっているのではないでしょうか。

そして本作のドラマが久しぶりのドラマの脚本を担当されているようなの期待できるのではないかと思います。

このドラマではおもてなしの原点をメインに描かれるのではないでしょうか。

日本と言えばおもてなしの文化でもあり、それはこの1964年に開催されたオリンピックにおいてもそれはあったのでした

。今回のドラマは来年開催される予定である東京オリンピックの原点でもあり、日本のおもてなしの文化を再認識することの出来るドラマになっているのではないかと思います。

そしてこのドラマの主演である、高良健吾さんの演技も期待できるのではないかと思います。彼の演技は独特であり役に共感することが出来るのではないでしょうか。

  夢食堂の料理人 動画 7月23日 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれません

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

夢食堂の料理人 動画 7月23日