TV

その時、裁判官は言った/見逃し配信 動画/7月27日再放送

その時、裁判官は言った 見逃し配信 動画/7月27日再放送

 
その時、裁判官は言った/見逃し動画配信7月27日無料視聴できるサイトを紹介した気です

2019年7月27日16時25分からフジテレビで『その時、裁判官は言った7月27日動画』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

その時、裁判官は言った/見逃した配信動画7月27日
 

その時、裁判官は言った 2019年7月27日動画/番組内容

 

「事実は小説より奇なるもの」という言葉があるように、実生活の中で見聞きするものがまるで作られた物語のように感じることがあります。有罪か無罪の判決で関わった人々のじんせいを大きく変える可能性のある司法の最前線の裁判の場でも例外ではないようで、裁判所で取り扱われる案件の数だけドラマがあるのかもしれません。このようなドキュメンタリーものでよく目にするものは、事件の特異性や直面した人の機転にスポットを当てたものが多く感じていました。過去の判例と照らし合わせ、個性を消し去って判決を下す側にある裁判官がそれぞれの個性を挟む余地はないものとイメージしていました。しかし本番組では、判決を下すという面以外での言葉で相手に影響を与えたエピソードがいくつも取り上げられそうで、それが一体どんなものだったのかが気になります。裁判の内容は正しく残されるものだと思うので、この番組では100パーセント「盛り」のない事実が次々と登場しそうで見応えがありそうです。内容もシリアスなものだけでなく、あっけにとられた被告人の言葉など、力を抜いて見られそうなものもあるようで安心しました。バラエティでも共演の芸能人にいじられいじりながらもしっかり法律の解説をされる下村弁護士のプロの目線のコメントも楽しみにしたいです。
 

その時、裁判官は言った 7月27日動画キャスト

 

MC
加藤浩次 
ゲスト
北村晴男(弁護士)・壇蜜・戦慄かなの 
進行
宮澤智(フジテレビアナウンサー)

 

その時、裁判官は言った/動画7月27日みどころ

 
その時、裁判官は言ったは、裁判官のまさかの言葉で描かれる人間ドラマということなので、裁判官目線で描かれるところがおもしろそうだなと思いました。しかも、元死刑囚との間での人間ドラマを描くということなので、裁判官が元死刑囚にどんな想いを込めて何を語るのかが気になるなと思いました。裁判官の言葉を聞いて、黙秘を貫いていた元死刑囚が重い口を開き始めるそうなので、とても心に響くような話だったんだろうなと感じました。実話だからこそとても感動できるストーリーになるんじゃないかなと思うので、とても期待しています。さらに、最凶半グレ集団の創立メンバーを更生させた裁判官の言葉というのも気になります。いろんな犯罪を犯してきた人を裁いてきたからこそ言える言葉もあると思うので、犯罪を犯した人が裁判官の言葉をどんなふうに捉えるのかに注目したいなと思いました。また、ちょっと笑える裁判での出来事についても描かれるということなので、こちらがとても楽しみです。本当は笑ってはいけない場所ではあるけど、思いがけず起こったハプニングに笑わせてもらいたいなと思いました。30年間の中で1番拍子抜けした被告人の言葉というのが衝撃的そうで気になりました。

 

みんなの感想など意見

加藤浩次さんがMCをつとめる新法廷ドキュメント番組なんですね!加藤さんがMCをつとめられるのならば、お笑いもあるようですね。裁判という堅苦しさも和らぎそうで見やすそうです。法廷という厳粛な場所で下手をしたら死刑という言葉も聞かれるかもしれないところなのに、拍子抜けするような言葉を洩らす被告人もいたようで、なんだか面白い裁判もありそうですね。反対に暴力団組長を震え上がらせるような言葉を吐いた裁判官もいたりと裁判にも人間ドラマが垣間見れるようで楽しみです!最凶半グレ集団の創立メンバーを裁判官の言葉で更正させたりと裁判官はすごいなぁという一面も見られるようで期待大ですね!ずっと黙秘を続けていた元死刑囚が裁判官の言葉を聞いて、重い口を開き始めたりと元死刑囚の心を開くことができるなんて、、。すごすぎる!その事実をその時の裁判官にインタビューもするようで楽しみです!どんな方が元死刑囚の心を開いたのか?そしてその時に発した言葉はどんなものだったのか?すごく気になりますね!人間対人間のやり取りですが、そこには単なるテクニックとして相手の心をつかんで話を聞き出したのか?あるいは相手に愛情をもって話しかけたことで口を開かせたのか?それが分かるのを楽しみにしてます!

まとめ

 

現在は忙しくてあまり時間が取れなく傍聴には行っていませんが、昔は時間があればよく公判の傍聴に行ってました。大半は軽犯罪や麻薬関係、交通事故などの公判で世間が注目しているような重大事件の公判はあまり聴いたことはありません。しかし、裁判、そこには人間ドラマがあると思います。裁判長が述べた言葉に心に残る言葉がいくつかあったことを今も覚えています。その言葉もそれまでいろいろな人物を見てきた経験からでしょうが。裁判官という職業は人を裁くというその人の人生を握っていて非常に重い決断をしないといけないものがあり死刑判決などを下すときの心理はどのようなものだろうかと考えてしまいます。裁判官たちは被告人の心を開くためにどのようなことを心掛けているのか、また被告人の心が変わるほど核心を突く言葉をどうやって見つけたのか興味深いですね。またこれからのAIの時代になっていくのでしょうが、この裁判もひょっとしてコンピューターが判決を下す時代が来るのでしょうか殺伐とした気持ちになりますが、機械ではなく人間が捌く血の通った神判決など紹介してほしいです。また、一転重々しい裁判とは違い私もいくつか笑ってしまうようなコントのような公判を傍聴したことがありますが、あの裁判官が拍子抜けするような被告人の言葉にどんなのがあったのかも楽しみです。
 
その時、裁判官は言った/動画7月27日tver(ティーバー・ディーバー) 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】で見れない時は下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

その時、裁判官は言った動画配信